TOP > ニュース

「友達の家」がテーマのバー&ダイナー、20代男性2人が開業
浜松・池町にバー&ダイナーの「MOAZA」(浜松市中区池町、TEL 053-452-3505)がオープンして1カ月が過ぎた。オープン日は9月6日。(浜松経済新聞)

 店舗面積は28坪。席数はカウンターを合わせ36席。飲食店だったテナントを知人から紹介してもらったオーナーの鈴木純さんが、店長の鈴木豪太さんと2人で改装を手がけた。テーブルなどは自分たちで製作したという。

 もともと浜松の飲食店で働いていた鈴木純さん(28)と、東京のクラブなどで働いていた鈴木豪太さん(28)は「30歳までに何かしたい、と思っていたところ、タイミングよく空いたテナントがあったので始めようということになった」と鈴木さん。

 コンセプトは「ちょっとおしゃれな友達の家」。店のあちこちにある雑貨やおもちゃ、漫画、雑誌などはほとんどが鈴木さんの私物。ゆったりとしたソファ席も用意し、パーティーやイベントにも使えるようDJブースとプロジェクターも設置した。

 メニューはフード、ドリンク共に300円、500円、800円に統一。アルコール類の種類は30種類以上をそろえ、カクテルなどはメニューに無いものも注文に応じて作る。マルゲリータ、ゴルゴンゾーラなどのピザ(4種類=各800円)は粉からこねて作る。「豚ほほ肉の白ワイン煮」や手作り豆腐のマーボー丼(各800円)などの料理にもこだわり、新しいメニューも今後、増やしていくという。

 鈴木さんは「繁華街の中心からは離れているが、静かで落ち着ける場所。リーズナブルな価格に抑えてあるので、学生から年配の人までいろいろな人に使ってもらいたい。ゆったりとできる空間なのでカフェのように使うなど、それぞれの使い方で気軽に利用していただければ」と話す。
(2010-10-17)

ニュースを書き込む | タウンガイド浜松モバイル[ニュースを書き込む]
(C)タウンガイド浜松モバイル
トップページ 利用案内 クーポン